クリックURLと個人解析パラメータの違い

メール配信, 個人リスト

メール文面を作成する際、個人解析のためのURLを設定する必要があります。
「クリックURL」に変換、または「個人解析パラメータ」を付与したURLをクリックしてアクセスしてもらうことで、来訪した個人が判明します。

 

■クリックURLと個人解析パラメータの違い

1.配信レポートで取得できる情報が異なる
2.URLの見た目が異なる
3.1つの文面に記載できる上限数が異なる

 

  クリックURL 個人解析パラメータ
取得できるデータ 個人解析
クリックレポート
個人解析
受信者側での見え方 URLのドメインが「lmsg.jp」に変換される

【変換例】
https://lmsg.jp/p/xxxxxx

※事前にご依頼いただければ、サブドメイン部分にお客様の任意の文字列を設定可能です。

【サブドメイン設定後の例】https://innovation.lmsg.jp/p/xxxxxx

ご希望があればテクニカルサポートまでご連絡下さい。

・半角英数字小文字(a~z、0~9)半角のハイフン「-」のみ
・基本は計測ドメインと同じ文字列
・ご希望の文字列がご利用いただけない場合もございます

URLの後ろにパラメータが付与される


【変換例】
http://example.com/?lfpeid=xxxxxxx&lfmaid=>xxxxx

https://(リンク先のURL) ? パラメータ & メールID

メリット・
デメリット
メリット=クリック数が取れる
デメリット=貴社WebページのURLではなくなってしまう
メリット=貴社ドメインのまま個人解析できる
デメリット=URLが長くなる、クリック数が取れない
変換できる
URLの
上限数
変換できるURLの数は20個まで 変換できるURLの数に上限なし
文面内URL
一括変換
方法
メール作成画面で「文面内URL全てをクリックURLに変換」を押下 メール作成画面で「文面内URL全てに個人解析パラメータを設置」を押下

 

 

クリックURLの見た目を変えたい場合はHTML形式であれば解決できます。

■ドラッグ&ドロップエディタをご使用の場合
リンク設定時の「リンク元テキスト」を表示させたい文字列に変更してください。

▼簡単にHTMLメールを作成する方法
https://faq.list-finder.jp/faq/183

 

■HTMLを自分で書いて作成している場合
aタグの記述にて変更してください。

 

尚、1つのメール文面内に「クリックURL」「個人解析パラメータ」、「通常のURL」を混在させることも可能です。