直帰率・離脱率の違い

アクセス分析

直帰率と離脱率は母数が異なります。

直帰率:
該当ページがセッションに存在する唯一のページだった割合を示します。
計算対象は該当ページで始まったセッションのみです。
(該当ページしか見られなかったセッション)÷(該当ページで始まったセッション)

 

離脱率:
該当ページの合計ページビューの内、該当ページがセッションの最後のページになった割合を示します。
(該当ページが最後のページであるセッション)÷(該当ページの合計ページビュー)

 

下記例の場合、ページAの直帰率・離脱率は、
直帰率 (Aしか見られなかったセッション:1)÷(Aで始まったセッション:2)=1/2=50%
離脱率 (Aが最後のページであるセッション数:1)÷(Aのページビュー数:3)=1/3=33%

【例】
セッション1: ページ A → ページ B → ページ C → 離脱
セッション2: ページ B → ページ A → ページ C → 離脱
セッション3: ページ A → 離脱

※セッション:
ユーザーがWebサイトを訪問してから離脱するまでの一連の流れ。同一ユーザーでも30分以上操作しなかった場合、次のアクションが新規のセッションとなります。