対象ページ・閲覧ページの使い方

個人リスト, 企業リスト

来訪企業(個人)通知やスコアリングを設定する際の、「対象ページ」「閲覧ページ」の使い方についてご紹介します。

【条件登録画面】
閲覧ページ

■ページ選択手順
 ①検索したい内容を該当項目に入力
 ②虫眼鏡ボタンをクリックし検索
 ③設定したいURLのチェックボックスにチェックを入れる
 ④決定ボタンをクリック

 ※特定のPDFを閲覧したデータを抽出したい場合は、手順①のページタイトルに
  PDF閲覧解析ページで登録している「公開ファイル名」を入力し検索してください。
  (PDF閲覧解析はスタンダードプラン以上でご利用いただけます)

■検索方法について
 (1)ひとつの項目に複数のURLを登録した場合
  「or」条件で検索します。

   登録したURLのいずれかを閲覧した個人を抽出します

 (2)閲覧ページ1,2,3、それぞれの項目にURLを登録した場合
  「and」条件で検索します。
  設定したページの全てを閲覧した個人を抽出します。

  【例】
  条  件:
  閲覧ページ1:https://aaa.jphttps://bbb.com
  閲覧ページ2:https://ccc.com
  閲覧ページ3:https://ddd.jp

  該当個人:
  閲覧ページ1のどちらかのページを閲覧した
  且つ、閲覧ページ2のページを閲覧した
  且つ、閲覧ページ3のページを閲覧した個人

■ページURLでの検索方法について

 (1)ページURL箇所にはドメイン以下を入力してください

 (2)ListFinderでは表記ゆれを無くすため「index.html」 等のパスを削除して計測しています。
   このため、入力時はパス部分を削除して入力してください。

  【例】
   https://www.example.com/aaa/bbb/index.htmlを検索する場合は
   閲覧ページ1に「aaa/bbb/」と入力してください。