名刺データ化の精度

個人リスト

名刺データ化は名刺をスキャンして人の手で文字起こしをしています。
精度の目安として手順をご紹介します。

 

名刺データ化の手順

1.スキャンされたデータをまずはOCRでデータ化(※この時点で精度は50%)
2.OCRでデータ化されたものをベースに、日本人スタッフが画像を目でみて一から手入力
3.品質保証チェックの担当者がチェック(※この時点で100%を目指す)

 



精度保証の対象項目(※日本語で記載されているもの)

・会社名
・氏名
・メールアドレス
・所属役職
・住所(郵便番号、都道府県、住所、ビル建物名)
・電話番号1,2
・FAX番号
・携帯電話
・URL

 

以下は最善努力でデータ化を行ってはおりますが
精度保証の対象外とさせていただいております。

・会社名(カナ)
・氏名(カナ)
・役職
・住所(英語)
・中国語の名刺

※カナは名刺上の情報だけでは判断がつかない場合
 役職は所属部署との境目の判断が難しい場合など